ホームヘルパー2級はもう古い!?介護職員初任者研修の必要性

ホームペルパー2級から介護職員初任者研修に

介護施設や病院での介護職員を目指す人にとって、最初に取っておくべき資格であったのがホームヘルパー2級でした。介護の世界で働くための入門といえる資格でしたね。このホームヘルパー2級という資格が、2013年4月から「介護職員初任者研修」という名称に変わったのをご存じでしょうか?まだまだ馴染のない呼び方ではありますが、今後介護職を目指すのであれば、知っておくべき事となりますので覚えておきましょう。

 

それではなぜ名称が変わったのでしょうか?
これまで介護の資格にはホームヘルパー1、2級や介護福祉士、介護職員基礎研修など、さまざまな資格がありました。ホームヘルパー1、2級の資格取得で学ぶことの主は、在宅での看護となっているのに対して、介護福祉士や介護職員基礎研修の資格取得の研修で学ぶことの主は、在宅と施設の両方となっていました。そのため、資格同士による連携が上手く為されていないという背景が介護職の世界にはありました。

 

これからどんどん高齢化が進む日本には、介護施設が増えることでしょう。しかし、在宅介護の事だけしか学んでいないホームヘルパー1、2級の資格保持者では、たとえ介護施設の職員になったとしても即戦力にはなりません。施設業務のノウハウを持っていないのですから。
施設職員として一人前にするには、さらに研修や実践に時間をかけなければならなくなります。介護施設を運営する企業側にとっては時間とお金がかかってしまいます。そのようなことから、施設においても即戦力となる人材を育てるために、ホームヘルパー2級から介護職員基礎研修へと変わったのです。

関連したサイト

介護職員初任者研修の資格・・・介護職員初任者研修の資格を取るための最短方法を解説しています。適切なスクールや通信講座を選ぶならまずは複数の通信講座に一括資料請求する必要があります。